読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの歌がききたくて。

小説とVOCALOIDと知らない人のことばが好き。

【第7回】「ボカロ」の歩みを振り返る-2011年・ネット上の流行(続き)

こんばんは。今日も暑いですね。

関東では台風一過、静かな夜ですが。東北や北海道では、大雨の被害も色々と出ているようです。…そちらの方に住んでいる方は、気をつけて過ごされてくださいね。

…また、しばらくぶりの更新なわけですが。
心が折れている間に、ブログの体裁を弄りました。HTML、デザインCSSなど、色々なブログにお世話になりました。ありがとうございます。
アイコン&ファビコンも変えました。今後ともよろしくお願いいたします。

また、試験的に、カラースターを積極的に使っていく所存です。緑のアイツが付いてたら、(*ノωノ)キャー っていう叫びの代わりだと思ってください。

 ***

walking43.hatenablog.com

もうすぐ、日付が変わりますね。
初音ミク」が発売されて9年。出会ってから7年と少し、ですか。

書きたいことがうまく言葉にならなくて、長らく滝に打たれて荒行していました。というのは冗談ですが。
せっかくの機会なので、気が済むまで書いてみようと思います。

 ***

f:id:WALKING43:20160831004459j:plain

おさらい。
第1回では、そもそもなぜ、ボカロについて喋りたいと思ったか。その理由というか、自分の思う「ボカロ」の魅力を簡単ですが喋りました。
第2回。「VOCALOID」の初期、初音ミクブームの以前の時代について。
第3回では、「初音ミク」を世に出した方々のなかでも、代表的な方を何人か取り上げました。
第5回、ボカロPの紹介。4回・6回が、「ニコニコ動画」の初期、そして「ボカロ」と呼ばれるようになったジャンルの初期。ネット上の広がりや遊びといった事について、ゆるく喋りました。

本日はその続きですね。

自分としては、何も考えず、ただランキングを追いかけているのが楽しかったころの話。きちんと「音楽」「ジャンル」としてのボカロを知って、考え始めるのはだいぶ後のことになります。

★「ボカロ」が震撼した一つのリスト。「P名言ってみろ」

2011年4月。ひとつの動画が、じわじわと話題を呼び始める。
作者はMARETUさん。この曲で知った人も多かったかもしれない。



初音ミクオリジナル】 P 名 言 っ て み ろ ! 【550人】

「P名言ってみろ」というタイトルから分かる通り、ボカロPの名前をひたすらに並べて歌っていくというもの。
詰め込んだテンポが気持ちいい。MARETUさんの調声(滑舌)の良さがよく分かる。

この曲の発想の元になったのは、今話題のあのゲームなのではないかと思うのだけど。…時効かなあと思って言いますが、初めはもう一歩、それが連想しやすいタイトルになっていて、火がつき始めた頃に変わっていた記憶がある。

で。
ボカロで作曲している人にとっては、思わず期待する歌詞じゃないですか。
自分の名前はあるだろうか、と曲を聞き通し、歌詞をぐぐってCtrl+Fし、名前があった!なかった!という、入学試験の合格発表のごとき光景が、あちこちで繰り広げられた、らしい。…と、見てきたように言いますけども。

その後、動画の派生として、色々なPが「今の自分の気持ち」をテーマに、曲を上げ始める流れに。「般若心経」とは異なり、それぞれのオリジナル曲ということで、ますます個性が現れる結果になっていたと思う。
その中でいくつか、有名どころを紹介します。



【猫村いろは】P 名 言 わ れ た か っ た【便乗乙ジナル】

アキバヲタP。すごいお名前ですが、自分にとっては江戸前な格好良いイメージがある人。
便乗乙ジナルて。マシンガンみたいな怒涛のクレーム(?)、からの懇願。かわいい。

歌っているのはAHSのVOCALOID、猫村いろは。ハローキティとのコラボ(ちょっと略しましたごめんなさい)から生まれたキャラクター。
話せば長いんだけど、VOCALOIDやその他の合成音声ソフトって、色んなモノや人とコラボして、一言では言えない経緯を辿って製品になってるものも多いので、そのへんも面白いです。



【猫村いろは】その唇は傲慢なり【アキバヲタ唇シリーズpartⅢ】 

ヲタPといえば、いろはの巻き舌気味の男前な調声が有名ですが。



【猫開発】虚言癖【猫村いろは×miki オリジナル弾き語り的なアレ】 

こういう、しっとり染み入るような弾き語り系の曲も、自分的にすごく好きです。



【猫村いろは】なんだ桜もう散りやがるか【みんな卒業おめ!】 

この歌詞がすごく好きで。一時期ずっと聴いてました。いまでも春になると聴きたくなる。泣けるんだけど主コメ(※動画キャプション文)でちょっと涙が引っ込む。
「桜ノ雨」もとても好きですけど、自分が卒業式で歌うなら。この曲もいいなあと。

そういえば「桜ノ雨」、むかしファミマで飴だかパンだかとコラボして売ってたことがあって。袋が大事に保存してある…はず。
ゲームに収録されたのはとても嬉しかったんですが、英語の歌詞部分がなくなってしまったのがショックで。あそこ好きだったのになあ。
あと、カラオケでも以前、ショートバージョンしか収録されてなかった記憶があります。今はどうなんだろう。



P 名 光 っ て た

鬱Pといえば、ラウドロックやハードコア等、激しい曲調と調声で知られるPの一人。
この曲、単純に喜んでいるのか、勝ち誇っているのかも分かりづらい。…と、当時は言われていましたが。Twitterをみると、柔らかい感じの方でびっくりする。



【GUMI】 Ghost Under the Umbrella 【オリジナルMV】 

何かもう、話すより聴いてもらったほうが早い。格好良いとしか言いようが無い。PVがすごく雰囲気あってかっこいいんですけど、ちょっとグロめなので注意。



鏡音リン】 馬鹿はアノマリーに憧れる 【オリジナル】 

この曲はテキサムさんがイベントで流していた気がする。神回。
アルバム「悪巫山戯」では「え」とかが特に好きです。

鬱Pの曲リスト見ていて、いつのまにv_flower買ったんですねとか、某お笑い曲の流れにのってたんですねとか、赤飯さんと組んでるの驚いたとか、色々喋りたいことはある。「ゴージャスビッグ対談」は驚きのコラボでした。



初音ミク】 P 名 言 わ れ て な い 【便乗リジナル】 

卑屈P。しょぼんとしている曲調がかわいい。


初音ミク】もっと 伸びろ ぼくの 動画 (full ver.)【オリジナル】 


巡音ルカ】ハローワールド【オリジナル】 

このネタで弄られがちですが、有名なPさん。最初に知ったのがこの辺の曲だったきがする。



イントゥ・ザ・ワールド / 巡音ルカV4X 

上記の「ハローワールド」が、VOCALOID巡音ルカ」の門出を祝う歌。この「イントゥ・ザ・ワールド」は、近年出たルカの新しいVer「V4X」を使って作られており、続編的な位置にあると思われます。
ハロワーが09年なので、実に7年弱たっての続編ということに。…早いもんです。本当に。



初音ミクオリジナル】 P 名 言 わ れ た い 【便乗ジナル】

(∵)キョトンP。
主コメの通り、「キラッキラなエレクトロポップ」。ただし内容は、弾けるような歯切れのよい慨嘆。

「曲は文句なしに格好良いのに歌詞が頭から尻尾までネタである」というのはボカロ曲のひとつのお家芸なわけですが、その中で挙げろと言われたら誰かが必ず挙げるであろう一曲。…まあ、この流れで言えばみんなそうですが。



初音ミク】キミノカケラ【オリジナル曲】

その後、まじめな歌詞がついたのがこちら。倦怠感と期待感が混在した、素敵な詞です。

(∵)キョトンPといえば、6900000000がとても好き。

ちなみに、「P名」「キミノカケラ」とも、歌詞のほうはサ骨さん(レッドカードP)作なのだけども、意外と気づいてない人も多いんじゃないかと。
しかもですよ。



【Lily】 P 名 呼 ば れ た け ど (オリジナルだよ)

作詞したご本人は、実は呼ばれてるって言う。

サ骨さんの曲で、代表曲は他にもありますが。自分がいちばん好きなのがこれです。



鏡音レン】 Nsen上の俺ら 【オリジナル】

「おれらのうた」感がじわっと沁みる歌。(※そういうタグがボカロにはあります。意味は「ネット上の俺ら」的なそれで想像して貰えれば。)
Nsenというのは、ニコニコでラジオのように動画が流せるサービスの名前。雰囲気的には、増田に近いだらだら感がある。
始まった頃は活気があったんですけどね。今どうなってるんだろう。

あと、サ骨さんで検索していてさっき偶然見つけました。
サムネで分かる人はニヤニヤしてほしいんですけど。



初音ミク】 どうしてちゃんのテーゼ (リミックスなの) 

某ピノさんのキャラクターをもじって(?)いる曲。
これも2011年。例の「腐れ外道~」のヒットが11年の1月ですが、ピノキオピーがまだピノキオPだった頃ですね。懐かしい。

★ユーザとしての「参加」。ボカロの楽しみ方の色々


初音ミク】 腐れ外道とチョコレゐト 【オリジナル】

思い出したついでに。
この曲のテーマは、「噂やスキャンダル」だと思うんですが、演出として、途中でピー音が入ります。
んで、当時のユーザで、「歌うPシリーズ」というタグをつけた人がいるんですが。


本来、「歌うPシリーズ」とは、「普段はVOCALOIDなどの音声合成ソフトで曲を上げて『ボカロP』として活動しているけど、今回は自分の声で歌を歌って上げてみた」という動画を指します。

自分がいちばん先に思いつくのは流星Pですか。(ちょっと意味あいが違うけど)
『歌ってみた』の「トゥライ」さんと、「magnet」「Soar」「SPICE!」等のヒット曲を持つ「流星P」が、実は同一人物だった…というのが、自分の初期での一番驚きだったかもしれない。



【トゥライ】「magnet」歌ってみた

上記動画に「模範解答」というタグが付いているのは、作曲者ご本人が、「歌ってみた」として歌っているから。

で。
その、「歌うPシリーズ」タグを、この「放送禁止音を使った曲」につけた大喜利マスターがいたわけですよ。手練れのブクマカか、っていう。
今みたらタグロックされてましたね。タグロックは動画投稿者しかできないので、ご本人のお墨付きのジョークということになります。

 ***


振り返ってみて、今思えば何であんなに盛り上がっていたんだろう?と思うことは多々ありますが。ネタももちろん面白いんですけど。
当時の勢いとか、楽しさの一端でも伝わればと思います。

色々な曲調や、テーマの曲があって。それぞれにファンがいたり、新しい人を知ったりして。
ランキングを毎日のようにチェックして。
気に入った新曲があれば、伸びたらいいなと思いながら応援のコメントをして、マイリストに登録して。
コメントで歌詞をつけたり、職人(※コメントの色や配置に凝って、見る人を楽しませる芸)をしたり。広告してみたり、カラオケ投票したり。

分かる人は分かると思うんですが、「転送不要」さんのことを最初、システムによるメッセージだと思ってました。(ほら、色々な動画で見るから…。) 転送さんの愛されっぷりを思い出すとほっこりしますね。

などなど。
音声合成ソフトによる創作のブーム」といえども。創作以外でも、ジャンルがとても楽しめてしまうわけです。
その辺の話はまた、おいおい出来れば。

 ***

後日譚。その後のMARETU さんはというと。



初音ミクオリジナル】 アキバヲタP言ってみろ 【1人】

仲良し。かわいい。



初音ミクオリジナル】 姓 名 言 っ て み ろ ! 【666名】

こんな続編もあります。



初音ミク】コインロッカーベイビー【オリジナル】

ここで、ネタから一転、退廃的でホラーな作風で話題に。
今ではすっかりこちらで定着していて、Diva(ゲーム)にもこの路線の曲が収録されていますが。この曲が上がった当時はかなりの驚きでした。怖格好良い。


 ***


…長い! 我ながら読みづらい! あと全然年代が進まない! でもたのしい!

取り敢えず、いったん切ります。

本日は以上です。